イベント
第7回 酒屋角打ちフェス

第7回 酒屋角打ちフェス

角打ちとは?

「角打ち」(かくうち)は、日本の飲食文化に関連した言葉で、特に居酒屋や酒場などで使われます。この言葉は、お酒を楽しむ際におつまみをつまみながら飲むことを指します。

「角」(かく)は日本の硬貨で、昔は1円硬貨の形が角いことから、おつまみとして提供される料理や飲み物のことを指す俗語として使われています。つまり、「角打ち」とは、おつまみとお酒を一緒に楽しむことを意味し、一杯のお酒を楽しみながら、軽食や料理をつまみながら飲むことを表現します。

居酒屋や酒場では、角打ちのスタイルが一般的で、お客さんはお酒を飲みながら、煮物、焼き物、刺身、唐揚げ、串揚げなど、さまざまなおつまみを楽しむことができます。このスタイルは、友人や同僚、家族と楽しいひとときを過ごすための場として非常に人気があります。

開催概要

  • 関連サイト:https://kakufes.com/
  • 名称:第7回 酒屋角打ちフェス
  • 期間:2023年11月17日(金)〜19日(日)
  • 時間:10:00〜20:00、最終日のみ18時まで
  • 場所:上野公園竹の台広場

4 thoughts on “第7回 酒屋角打ちフェス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です